しんら林檎園



しんら林檎園の蜜入りサンふじ

 

2012年、この地の林檎に出会った事がきっかけで、この場所に導かれました

 

移住、開業して間もない頃

半世紀以上、林檎を育てて来られた今の師匠に

『林檎を育ててみないか?』と声をかけていただき

『この美味しい林檎が好きなだけ食べられるー!』と

ひとつ返事をしたのが、しんら林檎園の始まりです

 

しんら林檎園は北信州飯綱町の標高約700m

清らかな空気と肥沃な土壌に恵まれた

穏やかな丘稜地に位置します

 

大きな空から光が降り注ぐ中、

心地よい風が吹き抜け、鳥たちの囀りが響き渡る...

そんな環境にあります

長い冬が終わり、春風が果樹を一斉に目覚めさせる5月初旬

丘一面に林檎の可憐な小さな花が咲き誇ります

私たちは手作業でより良い結実果を

選別し、美味しい林檎へと成長を促します

 

11月初旬、初雪のころ

高原特有の大きな寒暖差を経験した

林檎は蜜を蓄え、芳香を放ち始めます

 

自然の恩恵に感謝しながら

樹上完熟した林檎から順番に

ひとつひとつ大切に収穫してゆきます